KEENサンダル ニューポートH2とユニークを徹底比較! カラー豊富でどっちもリピ買い必須

サンダル グッズ

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

様々なアウトドアアクティビティを楽しむ人に、ぜひ1足は持っておきたいKEENのサンダル。

魅力的なシリーズが多くて、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね?

今回は代表的な【ニューポートH2】と【ユニーク】を実際に履き比べてそれぞれのメリット・デメリットを添えて紹介したいと思います。

どちらのシリーズもアウトドアではもちろん、普段の生活でも抜群の歩きやすさを誇るので季節を問わず素足でも靴下を履いてでもヘビーユースできちゃいます!

ニューポートH2のメリット(おすすめポイント)

  • ソールのグリップ力が高くアウトドアで使いやすい
  • クッション性が高くて疲れない
  • つま先の保護がしっかりしているので、アウトドアユースでも安心
  • ゆとりのある設計のため脱ぎ履きしやすい

ユニークのメリット(おすすめポイント)

  • 包み込まれるフィット感
  • 独自性のあるデザイン
  • 足裏が蒸れない革仕様
  • 日常使いしやすい軽い設計

詳しくは記事の中で紹介していきます!

\MAX30%OFFのサマーセールを開催中!
30日返品保証があって安心

ニューポートH2のメリット おすすめポイントレビュー

ソールのグリップ力が高くアウトドアで使いやすい

ニューポートH2アウトソール
ユニークアウトソール

このサンダルはKEEN創業モデル NEWPORTのH2O(水辺対応)バージョンというだけあって、海遊びや川辺のアクティビティ中でも快適なようにアウトソールに滑りにくい工夫がされています。

安価なサンダルはアウトソールの溝には工夫がなく、浅いラグのため濡れた岩などに苔が生えていたりするととっても滑ります。

ユニークはニューポートと比較するとソールの溝は簡易的でアウトドアユースするには、滑る感覚があって怖い思いもしました。

しかしこのニューポートH2はご覧の通り、しっかりと溝があり、さらには柔らかい足運びに追従できるように「サイピング」という切れ込みが入っているのです。

筆者は登山もキャンプもボルダリングもやるのですが、グリップ力が高いので、ニューポートH2をよく履いていました。
ボルダリングはアウトドアでは自然の岩を探して、山の中を身体よりも大きいマットを背負って登るのですが、そんな時でも安心して使えます。
正直クロックスではゆったり過ぎて山の斜面は歩きにくいし、かかとも脱げてしまうので、すぐこちらのサンダルをメインに使いました。

クッション性が高くて疲れない

ニューポートH2のサンダルはラバーが2層構造になっていて黒い部分の滑りにくいアウトソール、クッション性を生み出すグレーの部分のミッドソールがあります。

このミッドソールがクッション性が高く、長時間歩いていても負担が少ないようになっているので、ユニークよりも長時間歩かなければならない場合はニューポートH2の方がおすすめです。

ユニークも決して悪いクッションではありませんが、比較したと時にはニューポートH2に軍配が上がります。

アウトドアでも安心のプロテクション

ニューポートH2と言えばこのつま先周りのがっちりしたプロテクション。

ハイキング道で岩や木の根にぶつけても全然痛くないし、海沿いの岩場での移動なんかでもつま先周りを気にせず使える安心感。

そしてフィット感と速乾性の高いアッパーのおかげで、本栖湖や伊豆の海でSUPをしたときにも使っていました。
カヤックの体験会でも使いましたが、かかとのあるサンダルではないとダメというところが多く、このサンダルはそういったシーンでも使えるので本当に優秀!

水辺から出た後の、水はけもよく水遊びと合わせたキャンプでも活躍するサンダルです。

ユニークのメリット おすすめポイントレビュー

ユニークはきつい?

ユニークは2本のストレッチ性のあるコードを編み上げてアッパーにした、サンダルの概念を覆すようなデザインです。

構想から3年半以上かけて販売されたとあって、機能面もとても秀逸。

サイズ感はややタイトなので、普段の靴の+0.5~1.0cmアップを目安に購入した方が、
靴下をはいてもきつさを感じることなく履けるでしょう。

他の方の口コミでもきついという評価が多いので、注意が必要です。

また履き口は小さめでニューポートH2と比べると、脱ぎ履きしにくいです。

それを補って余るほど、フィット感が素晴らしくイイ!!

もともとニューポートH2のヘビーユーザーだった筆者は、このフィット感最高!くらいにニューポートH2を履いていましたが、ユニークはそれを上回ります。

アウトラバーの重さがニューポートよりも軽いので、アッパーの締め上げ感と相まって素晴らしい履き心地を演出してくれるサンダルです。

公式サイトからサイズに関するレビュー

かなり細身です!

かなり甲高幅広な私は、普段は日本製シューズならワイズEEとかEEEの28cm。adidasならUS11。Dr.MartensならUK10履いてます。 なので、最初29cm(US11UK10)購入し試着しましたが、甲も幅もかなり細く感じました。履けなくはないですが、ストレスに感じる。形も変形してなんか違う感じがして、+1cmサイズアップして30cm(US12UK11)交換しました。 足を入れて中で遊ぶ感じも無く、変に形崩れもせずシュッとした感じに履けました。

https://www.keenfootwear.jp/collections/mens-uneek/products/mens-uneek-monochrome-black-black

紺とブラウンの配色がよいです

色に一目惚れして購入しました。 女性ですが26.5を履いています(普段の靴サイズ23センチ) タウンユースで通勤でも履いていますが、必ず「素敵ね」と声掛けされます。 ただ、uneekシリーズは雨の日めちゃすべります…あとは満点!

https://www.keenfootwear.jp/collections/mens-uneek/products/mens-uneek-monochrome-black-black

0.5から1.0大きめお薦め

ビジネスシューズ、スニーカーやデッキシューズ等は26または26.5ですが、27でジャストサイズでした。 軽くてお洒落感が増すアイテムだと思います。 一味違うコーディネートのワードローブに追加お薦めです。

https://www.keenfootwear.jp/collections/mens-uneek/products/mens-uneek-monochrome-black-black

男性も女性もかなり大きめのサイズを選んでいる方が多いようです。

自分は足幅狭めの、甲も高くないので、0.5cmアップくらいでOKでしたが、幅広甲高な方は1~2cm上げてもいいかもしれません。

独自性のあるデザイン

最初見た時はあまりいい印象を受けなかったのですが、発売からカラーも豊富になり、ミリタリーテイストのカーキ色がめちゃ刺さって購入に至ったわけですが、かなり独特のあるデザインをしているサンダルです。

ただこれが思った以上にデニムやきれい系のワンピースに合わせても不思議ではない、日常のお出かけコーデにかなりマッチするデザインなんです。

自分は都市部に遊びに行ったりしない人間ですが、通勤中に他の人が履いているのを見て「お、いい感じ」と惹かれるコーディネートができるサンダルですね。

ニューポートH2はアウトドアユースで受け入れやすい【無骨さ】がありますが、ユニークは【洗練された】という表現が似合うように思います。

足裏が蒸れない革仕様

驚いたのがこの中の仕様です。なんと中に革が張られているじゃないですか!

この革のおかげで、長く履いていても、すぐ足裏に汗をかく筆者でも蒸れない!

そして内側はすべりにくくなり、よりフィット感が増すことで機能性が向上しています。

これはニューポートH2には無い仕様です。ただしニューポートH2はウォーターアクティビティにも対応しているため、乾きやすい素材を使用している関係上仕方のないことです。

逆にユニークで川に入ろうものなら、おしゃれな革部分がなかなか乾かず、臭いもこもってしまいます。(なので、筆者は水遊びではユニークは使いません)

日常使いしやすい軽い設計

名前重量
ニューポートH2401g
ユニーク250g
ヨギ210g
クリアウォーターcnx240g

キーンの他シーズとも比較してみましたが、ニューポートH2はかなり重いです…

ソールやつま先のプロテクションを含めるので、重量がどうしても出てしまいます。

そのためユニークは重さを気にするユーザーにとっては選択しやすいサンダルになります。

ニューポートH2とユニークの比較 まとめ

ニューポートH2ユニーク
フィット感
グリップ力
重さ(軽さ)
アウトドアユース
タウンユース
価格¥15,300¥14,300

どちらもメリット、デメリットがあるので、それぞれの優れている場所で気に入っているものがあればそちらを購入するというのがよさそうです。

ただ大まかにいうとニューポートH2はアウトドア向けユニークはタウンユース向けと言えるでしょう。

ニューポートシリーズ おすすめ

ニューポートはシリーズ化しているので、H2以外のシリーズもご紹介!

ニューポート

元祖のニューポート 先のH2シリーズと見た目は非常に似ていますが、こちらのアッパーはヌバックレザー(革)でできています。

よりタウン寄りのコーディネートがしやすくなっています。

他のクッション性やつま先周りのプロテクションなどは全く一緒。

派手なカラーはいらないからシックに日常使いしたい方はおすすめ!

ニューポート H2 COLOR DIP

こちらは機能はニューポートH2と全く一緒で、カラーがアッパー、ゴム、ラバーまですべて同じのモノトーンシリーズ。

KEEN創業20周年のカラーディップコレクションモデルです。

普段モノトーンコードをしている方なんかは、是非欲しい一足ですね。あまり街でも見ないから珍しいかも…

ハイパーポート H2

ニューポートではなくH2繋がりで、「HYPERPORT H2」をご紹介。

2024年3月6日から販売スタートの新しい商品。

軽量性・クッション性といったリカバリーサンダルの長所に、耐久性・機能性・パフォーマンス性といったNEWPORTの長所をハイブリッドした新たな水陸両用サンダルです。

かかと部分がフィット感に優れた生地に変更したことで、より脱げにくいアクティブなサンダルに進化。

サイドのラバーもアッパーまでせりあがっており、より安定性が向上しています。

カラーバリエーションもアクティブな色が多く、夏のアウトドアシーンで是非履きたいサンダルですね!

ユニークシリーズのおすすめ

ユニーク2 OT

こちらはユニークシリーズで足先が出て、開放感が上がるシリーズです。

通常のユニークシリーズだと、少し狭いなという人はこちらがおすすめ。

ユニーク オー Ⅲ

ミッドソールのクッション性を上げて、かかともストレッチ素材でしっかりホールドする、よりスニーカーライクなユニーク。

かかとはあまりつぶして履かないという方はこちらの方がしっくりくる!

ユニーク ネクシス

こちらはサンダル?というよりスニーカーに振り切ってますね。

ユニークライクなスニーカーとなっています。ユニーク大好きな方はスニーカーとしていかがでしょうか?

キーン 公式オンラインショップでMAX30%OFFサマーセール

キーンの公式オンラインショップでは現在サマーセール中です!(2024年7月5日現在)

ご紹介した2つのサンダルはもちろん、ジャスパーやターギーミッドシリーズなどもセール対象になっています!

アウトドア愛好家でこの機会にKEENを使ってみたい方はチャンス!

アウトドア・フットウェアブランドKEEN(キーン)
MAX30%OFFのサマーセール会場はこちらから!

まとめ

KEENのニューポートH2はこんな方におすすめ

  • アウトドアでも川辺の遊びや磯釣り、マリンスポーツをする人
  • 長時間歩いたり、動いたりする人
  • さっと脱いだり履いたりできる用途で使いたい人
  • なんだかんだ都会より、自然と触れ合う遊びが多い人

KEENのユニークはこんな方におすすめ

  • フィット感が高くて、軽めのサンダルを探している人
  • ショッピングやランチなど、おしゃれでもコーデに取り入れたい人
  • 足裏の蒸れが気になる人
  • 自然も好きだけど、都会派な人

どちらのサンダルもKEENの名作なので、まだ履いたことない人は是非試してほしい!

カラーも豊富なので、気に入ったら他のカラーをリピート買いしちゃいましょう!

コメント